鉦(かね)とは、東アジアの体鳴楽器。金属製の皿状の楽器で、皿の底部の外側または内側を1本または2本の槌で打奏する。

原則として皿の縁を打たない点で「鐘 (しょう) 」と区別される。なお,皿の肉が薄く、鍛造を加えた「鑼 (ら) 」とは区別される。

楽器本体および槌の寸法や細部の形状はまちまちで演奏に際しても紐で吊るもの、手に持つもの、床の上に直接伏せて置くものなどがある。

この楽器は中国では軍楽に用いられたというが、日本では「鉦鼓」の名で雅楽や仏教に用いられるほか、民俗的な念仏や祭礼囃子などでも用いられる。普通には「鐘」との区別なしに「かね」と呼ばれることが多い。また、歌舞伎の陰囃子でも祭りの場面やにぎやかな踊りの伴奏などに使われる。祭礼囃子では、”ヨスケ”・”チャンギリ”などともいい、また”コンチキ”の名を用いる場合もある。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事