神棚封じかみだなふうとは、家族が亡くなった際に神棚の榊やお供え物をひいたのち扉を閉じ、正面に白い半紙を貼るならわしのことです。

神道では、死を穢れけがと考えるため、神様に死の穢れが及ぶことを防ぐために行うとされています。神棚封じは、四十九日の忌明けまで行われ、この間は、神棚が閉じているので、お供えや礼拝も行いません。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事