過去帳

過去帳(かこちょう)とは、故人の戒名(法号・法名)・俗名・死亡年月日・享年(行年)などを記しておく帳簿で、「鬼簿(きぼ)」や「冥帳(みょうちょう)」とも呼ばれます。

折本になったものと和本(和綴じ)のものがあり、 表紙の素材には、金襴・緞子などの布や黒檀、紫檀などの唐木が用いられます。
記入欄には、「日付入り」と「日付無し」のものがある。「日付入り」のものは1日から31日までの日付が入っており、亡くなった日の欄に記入する。

これを毎日めくることで、故人の命日(月命日・祥月命日)を確認して追善供養を行います。
日付無しの過去帳は、死亡順に記入していく年表式のため、記録簿としての意味あいが強くなります。 寺院では日付無しの過去帳が多く用いられています。

寺院用
寺院では、所属していた故人を記す。和本形式の物を用いる場合が多い。

寺院の過去帳は、各家の累代の記録が記述された個人情報のデータベースとも言え、寺院によっては死因や身分、生前の事跡などが詳細に記述されている場合もある。その情報取得を目的に興信所職員が、近親者を装って過去帳を閲覧し、身元調査をするという事件が幾度も発生した。このため、現在個人情報保護と言う観点から寺院の過去帳は閲覧禁止とする寺院が多い。

また、近年差別戒名記載に関して各宗派による調査が行われ、差別的記述の削除改訂・過去帳新調などの対応がとられている。

在家用
在家の場合、多くは折本形式が用いられる。そのため「過去帖」とも書く。

在家では、その家に有縁の故人を記し、仏壇の中に見台に乗せる。もしくは、平時は引き出しにしまっておき、月命日にのみ仏壇の中に入れ見台の上に乗せる。

位牌や法名軸にも同様の事が記載されるが、位牌は数が増えると仏壇内に置ききれなくなる上、経年劣化により煤けたり文字が漆ごと剥げ落ちたりするなどして判読不能に陥る場合も多いため、ある程度の年忌(三十三回忌・五十回忌など)を機に檀那寺の住職に過去帳へ写し(移し)かえてもらい、位牌は寺に返す。返すことが難しい場合は、過去帳に転写だけしてもらい、位牌が老朽化する前に修復する。

過去帳は永続的に残され、続柄を記しておけば、その家の系譜になる。

浄土真宗の場合、平時は法名軸のみを仏壇内側側面に掛け、過去帳は仏壇の引き出しの中に収めておく[3]。真宗大谷派の作法では、過去帳は略式とされ、法名軸のみを仏壇内側側面に掛けるのを正式な荘厳とする。

しかし、命日を確認する際に便利であり、仏壇内の下段に見台に過去帳を収めておくことも容認されている。また、仏壇が小型で法名軸を掛けられない場合は、過去帳で代用する。

その他
仏教の他に神道でも用いられる。

山口県長門市向岸寺には『鯨鯢過去帳(けいげいかこちょう)』という、誤って捕られた妊娠中の鯨とその子鯨を弔う為の過去帳が有り山口県により有形民俗文化財に指定されている

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事