海洋葬(かいようそう)とは、火葬した故人の遺骨を海に散骨する葬儀のかたちで、最近少しずつ増えている「自然葬」のひとつです。

遺族らがチャーターした船で海に出て、直接海に散骨したり、複数の遺族が合同で乗船して散骨したりする他、専門業者が代理で海に散骨し、散骨区域など記す証明書を発行する場合もあります。

墓地埋葬法という法律の観点から日本ではあまり行われることのなかった海洋葬ですが、厚生労働省が「節度をもち、厳粛な埋葬法として行われるのであれば問題はない」という見解を発表したことから、近年、少しずつ増えています。

=オーシャンメモリアル

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事