戒名(かいみょう)とは、とは、仏の弟子になったことを表す名前です。

本来は、出家して仏門に入り、戒律を守ることを受け入れた弟子に与えられる名前ですが、現在では、故人をたたえ、故人が仏弟子として浄土に往生できるよう、菩提寺の住職や葬儀を取り仕切る僧侶に授けてもらいます。

戒律を守ることを受け入れた弟子に与えられる名前なので、「戒名」と言いますが、受戒・得度(とくど)の際、俗名を改めてさずけられる法の名前のため、「法名」ともいい、「法号」とも呼ばれます。

戒名は、厳密には2字で足りるものですが、「院号」「道号」、「位号」といった、一種の飾りがついて長くなっています。戒名には、宗派や寺の伝統により、さまざまな形式があります。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事