開眼供養(かいげんくよう)とは、仏壇、墓、仏像、仏画などの完成の際に営まれる法要のこと。開眼供養、入魂式、魂入れとも言う。

例外として浄土真宗では、「開眼法要」・「入魂式」は営まない。

仏像を造る際、大部分を完成させておいて最後に「点睛」すなわち「眼を描き込む」ことにより、人の手で作られた物としての像は仏像に成る。 像に尊い魂が入って完成することから、特に点睛を重要視し、後世「開眼法要」として儀式化した。

開眼供養の歴史由来

日本の開眼供養の歴史は、奈良時代に聖武天皇が造立した東大寺大仏(毘盧遮那仏)が始まりといわれています。752年(天平勝宝4年4月9日 (旧暦))、大仏殿の前で執り行われた盛大な開眼供養の様子は、「続日本紀」などの書物に記されています。参列者は1万人ほどで、音楽や踊りが催され、とても豪華な供養だったそうです。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事