遺族補償給付いぞくほしょうきゅうふとは、労働者が業務または通勤が原因により死亡したときに遺族に対して遺族補償給付(業務災害)がまたは遺族給付(通勤災害)支給されます。

また、葬儀を行った遺族には葬祭料(業務災害)に支給される労災保険給付のこと。給付の種類は遺族補償年金と遺族補償一時金の2種類がある。

(船舶や航空機が沈没・墜落などの事故により乗っていた労働者が行方不明になった場合、その生死が3ヶ月間わからないときには、労災保険法上行方不明になった日に死亡した者と推定されます。)

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事