五七日(いつなぬか)とは、亡くなってから35日目を指し、またその日に営む法要のことで、この日を忌明けとする宗派 (地域などでも)もあります。(ごしちにち)(いつなのか)とも言います。

五七日は、「閻魔大王の審判をうける日」とされている。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事