一膳飯(いちぜんめし)とは、故人を安置後に、一膳分のご飯を新しく炊き。生前に使用していた茶碗に、ご飯を山盛りにして箸を中央に立てます。(※宗教やお住まいの地域によって異なる。)枕飾りにお供えします。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事