生死を共にすることから、結果の如何を問わず、行動・運命を同じくする状態に使う。

死後、極楽で同じ蓮の上に半座を分けて身を托するという意味から成る。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事