言葉によらずに、互いの心から心に伝えること。言語では説明できない深遠・微妙な事柄を相手の心に伝えてわからせること。

由来

元は禅宗の言葉で、言葉や文字で表現されない仏教の真髄を師から弟子の心へと、心で伝えることを指した言葉でした。読み仮名としては「心を以て心に伝う」と読みます。仏教の心を伝えることができるのは心だけであり、師が弟子に対して向ける心こそが仏法の心である、こうして仏教の真髄を理解できるようになるとしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事