人間の欲望ほど身勝手なものはなく、仏の名をかりて、世の中にろくでもないものをつくり出す喩え。色事の成就、恋の取り持ち、密通の世話など、仏菩薩がするはずもないのに、引き合いに出したがる。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事