一般焼香(いっぱんしょうこう)とは、 通夜や葬儀に親族以外の立場で参列した際に、一般参列者として焼香をあげることを言います。

焼香は、喪主、遺族、親戚・近親者の焼香が終わった後に、一般焼香として行ないます。(地域によって異なる)

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事