院号(いんごう)とは、戒名または法名で「院」の字が付く称号である。最上の尊称。院(邸宅・寺院)に関係する、もしくは、歴史的には院に関係した。

本来は、お寺に対して貢献度が高い方などに贈られる。近年では、死後に院号料としお金で購入することも少なくない。

院号の歴史

もとは天皇、三后のみに許されていた院号が、臣下にも普及するようになったのは、関白藤原兼家が法興院を称したことによる。

平安時代から鎌倉時代までは、当初は天皇や皇族、ひいては摂家や将軍家の戒名として院号が用いられた。しかし、時代が下るにつれ、院号は大名やその正室及び側室の俗名戒名、家臣の戒名にまで広がりを見せる。そればかりか、室町時代以降は院号の上位の号として院殿号や寺殿号が成立するなど、戒名としての院号は第二位の称号となった。

中世・近世には、摂家・足利将軍家・徳川将軍家・大名家以下武士、民衆の戒名として用いられた。関連する号として、院殿号、寺殿号、軒号などがある。

現在では、在家信者にも、戒名・法名に付されるようになる。日本国内の仏教檀家すべてを包括するものとはいえないが、今日では院号は一般国民に広く普及している。

戒名に、院号と位号(居士、大姉、信士、信女など)を付すことが、標準的と認識されるようになる。特に院号と位号を合わせて院居士・院信士と俗称される。浄土真宗など宗旨によっては、位号を用いない。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事