人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。もとは仏教語。行為の善悪に応じて、その報いがあること。現在では悪いほうに用いられることが多い。「因」は因縁の意で、原因のこと。「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事