インフォームドコンセント

インフォームドコンセントとは、「医師と患者との十分な情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念。医師が説明をし、同意を得ること。 特に、医療行為(投薬・手術・検査など)や治験などの対象者(患者や被験者)が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け十分理解した上で、対象者が自らの自由意志に基づいて医療従事者と方針において合意することである(単なる「同意」だけでなく、説明を受けた上で治療を拒否することもインフォームド・コンセントに含まれる)。説明の内容としては、対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療、副作用や成功率、費用、予後までも含んだ正確な情報が与えられることが望まれている。また、患者・被験者側も納得するまで質問し、説明を求めなければならない。これは医療倫理から派生した概念であり、患者の権利の一つともされる。

約20年以上前に日本医師会が「説明と同意」と提唱し、患者の自己決定権を保障するシステムあるいは一連のプロセスであると説明されている。1997年に医療法が改正され「説明と同意」を行う義務が、初めて法律として明文化された

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事