忌み言葉いみことばとは、宗教的な理由から、また縁起えんぎをかついで、使うのを避ける言葉。特定の時や場所で口にしてはならない言葉。

不吉な言葉や不幸が続くことを連想させる重ね言葉かさねことばを言い、お悔やみの挨拶や弔辞には使わないよう注意します。「重ね重ね」「たびたび」「返す返す」「たび重なる」「ますます」「追って」「つづく」などがあります。

管理人
また、死ぬ・死んだ・死亡などの直接的な表現も控えるのが一般的です。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事