「遺骨迎え」というのは、葬儀が終了して火葬された故人の遺骨を自宅に迎え入れることです。遺骨迎えの際、留守役は、後飾りの祭壇をしつらえ、火葬場から帰ってきた人が体を清めるための塩と水を玄関先に用意しておきます。

遺骨迎えの際には、本来、遺族以外の人に頼んで塩をかけてもらってから家に入るのが正式ですが最近は、火葬場から帰ってきた人同士でお互いに塩をかけ合う略式のお清めを行うことが多くあります。

場合によっては、玄関に撒いた塩を踏むこと(踏み塩)でお清めとして、家に入る場合もあります。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事