遺影いえいとは、亡くなった故人をぶために作られた写真しゃしん肖像画しょうぞうがのことを言います。

最近では写真の加工技術もかなり進んでおり、集合写真の中から、故人だけを抜き取ったり、背景を変えたり服装を修正したりもできます。

今までは着物に着せ替え家紋かもんを施したモノクロ遺影が一般的でしたが、近年では生前の自然な姿のままで偲ぶことができるようにカラー写真が使われるようになりました。

白木祭壇を使用した葬儀では中央に遺影写真いえいしゃしんを飾るようにしている場合が多く見受けられます。最近では生花祭壇などで飾り付けをされるようになって中央ではなく左右のどちらかに飾ることも多くなりました。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事