異安心いあんじんとは、仏教各派において、正統とは異なった教義を指す語。とくに浄土真宗において用いられる。

浄土真宗においては、宗祖・親鸞しんらんが説いた「安心あんじん」とは異なると見なされた異端的な信仰、または信仰者が「異安心」として排斥の対象となった。同様の語に、異流、異義、異計、邪義などがある。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事