エラいところに嫁いでしまった!

『エラいところに嫁いでしまった!』(エライところにとついでしまった!)は、槇村君子による日本のエッセイ。2006年に新潮社より刊行。2007年に仲間由紀恵主演でテレビドラマ化された。

山本磯次郎と結婚したフリーライターの君子は磯次郎の実家へあいさつへ出向く。普通の家と聞いていた君子は軽い気持ちで赴くのだったが、なんとそこは由緒ある大屋敷だった。その場しのぎの発言ばかりの夫と、君子と仲良くしたがる姑、そして地域独特の『しきたり』に君子は翻弄されていく…。

【ドラマ】テレビ朝日 木曜日 21:00 - 21:54
全9話
2007年1月11日 - 3月8日まで

【主題歌】「拝啓○○さん」歌:やなわらばー

キャスト&スタッフ

原作
槇村君子
「エラいところに嫁いでしまった!」(新潮社刊)
脚本
後藤法子

出演
仲間由紀恵、谷原章介、濱田マリ、温水洋一、本田博太郎、松坂慶子 ほか

第2話「しきたり大葬儀!」

(2007年1月18日 放送)
【ストーリー】
仕事でダイエットインストラクター・ボーノ(大澄賢也)のレッスン体験取材を朝昼晩の3回、指定の時間に体操をしなけれならなくなった君子(仲間)だが、磯次郎の大叔父が亡くなったと連絡が入り、葬儀に参列するため実家へ帰ることに。磯次郎がいきおいで「葬儀は僕が仕切る」と言ってしまったことで君子はそのフォローに追われることになってしまう。

葬儀シーン監修

帝都葬祭
名古屋市天白区植田東1丁目109番地

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事