箸渡しはしわたし」とは、火葬の後の「骨上げこつあげ」で遺骨を骨壺に納める際、骨片を箸から箸へと渡していくこと、または、ひとつの骨片を二人が同時に箸でつまむことをいいます。 正式な骨上げでは、男女ひとりずつが二人で一組になって、男性は左から、女性は右から、一片の骨を箸で拾い上げ、箸渡しで骨壺に入れます。また、三途の川を橋渡しすることを「橋」と「箸」が同音であることから行われる。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事