はかは遺体または遺骨を収めて故人を弔う構造物。墳墓ふんぼ墳塋ふんえいともいう。一般に墓石・墓碑などの目印を置き、これを墓標ぼひょうという。また、この墓石・墓碑を指して墓ということもある。

現代の墓地における行政

現代における墓地ぼちは、墳墓ふんぼを設けるために、墓地として都道府県知事の許可を受けた区域をいう。なお、「墳墓」とは、死体を埋葬し、または焼骨を埋葬する施設である(墓地、埋葬等に関する法律第2条)。なお、墓地についてその他地方税法などで優遇されているものもある。

墓地、埋葬等に関する法律

墓地は、公衆衛生上その他公共の福祉の見地から様々な行政上の規制を受ける。

1.墓地の経営には、都道府県知事の許可が必要である。
2.墓地の経営者は管理者を置き、管理者の本籍、住所、氏名を墓地所在地の市町村長に届け出なければならない。
3.墓地の管理者は、埋葬等を求められたときは、正当な理由がなければ拒否できない。
4.都道府県知事は、必要があると認められるときは、墓地の管理者から必要な報告を求めることができる。
などである。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事