受験の神様

主人公の梅沢勇は5年前に妻と離婚し、子供の広と2人で暮らしている商社マン。勇は体育会系で進学も受験もラグビー推薦だったため、受験とは縁がなかった。そんな勇は、小学6年生になった広から「中学受験したい」と告げられ、『受験の神様』と言われる中学3年生の天才家庭教師「菅原道子」に家庭教師を依頼する。

自分の名前だけ書きとりさせたり、リビングを勉強部屋とするよう変更を指示したり、徹夜で勉強させたり…と一見突飛な学習をさせる道子。そんなやり方に、勇は反発を覚えながらも、次第に道子を理解していこうとする。

【ドラマ】日本テレビ 木曜日21:00 - 21:54
全10話
2007年7月14日 - 9月22日まで

【主題歌】「本日、未熟者」歌:TOKIO

キャスト&スタッフ

脚本
福間正浩

出演
山口達也、成海璃子、長島弘宣、森本龍太郎、小薗江愛理、森崎博之、宮地雅子、森本慎太郎、大倉孝二、須藤理彩、海東健、黒田勇樹、小川奈那、和田沙織、石橋杏奈、荒井健太郎、西村雅彦、長門裕之、八千草薫 ほか

第8話「先生とボクが泣いたお葬式の小さな奇跡」

(2007年9月8日 放送)
【ストーリー】
父(勇)に、葬式をとるべきか、模試をとるべきか相談した広に、勇は「自分で決めろ」と言う。通夜の後、広は祖母の信子(八千草薫)が、祖父の遺品の勉強ノートを見ているのを目にする。信子は、夫がスペイン語の勉強をしていたことを広が知っていたことに驚く。広に夢の話を聞いた信子は、祖父の幸之助の広に対する想いを語る…

はな
梅沢幸之助が荼毘に付された火葬場シーンは、三浦市火葬場がロケ地として使用されています。

ロケ地として使用された火葬場及び斎場

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事