合掌(がっしょう)とは、インドが起源となる礼拝の際の仕草で、仏教の日常的な礼法です。

合掌する際には、両手のひらを胸または顔の前で合わせます。この時の右手は仏様を象徴し、清らかなものや知恵を表しています。
左手は衆生、つまりは不浄さをもった自分自身で、行動力の象徴です。両手を合わせることで、仏と一体になることや仏への帰依を示すとされています。他者に向かって合掌をすることは、その相手への深い尊敬の念を表します。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事