餓鬼は、いつも喉のかわきを訴え、水欲しさに苦しんでいる餓鬼は、そばに水があっても、かえって気づかず見落してしまう。そのように、あまり熱中すると、肝心の求める物さえ手にすることができない喩え。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事