布施ふせは、梵語では「檀那(旦那)(ダーナ)」といい、他人に財物などを施したり、相手の利益になるよう教えを説くことなど、「与えること」を指す。すべての仏教における主要な実践項目のひとつである。六波羅蜜のひとつでもある。

現在では、葬儀や法事になどに僧侶に対してのお礼を布施ふせと呼ぶことが多い。

布施には「財施ざいせ」「法施ほうせ」「無畏施むいせ」の三種がある(大智度論)。布施をする人をダーナパティといい、施主せしゅ檀越だんおつ檀徒だんとなどと訳される。なお、菩提寺にお布施をする家を檀家だんかという言葉も、檀那、檀越から来たものである。また、古くは皇族などが自らの領地(荘園)などを寺院に寄せる(寄付する)ことを施入せにゅう(する)ということがある。

布施の種類

大智度論など、伝統的には、次のような種類が挙げられている。

財施ざいせとは、金銭や衣服食料などの財を施すこと。
法施ほうせとは、仏の教えを説くこと。
無畏施むいせとは、災難などに遭っている者を慰めてその恐怖心を除くこと

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事