空飛ぶタイヤ

人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤の累計170万部突破の大ベストセラー社会派小説を長瀬智也主演で新たに実写映画化。監督は『ゲゲゲの鬼太郎』『超高速!参勤交代』の本木克英。

2018年制作
製作国:日本/ 上映時間:120分
ジャンル:フィクション

【主題歌】「闘う戦士たちへ愛を込めて」歌:サザンオールスターズ

キャスト&スタッフ

監督
本木克英
原作
池井戸潤
「空飛ぶタイヤ」
(講談社文庫 / 実業之日本社文庫)
脚本
林民夫

出演
長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(当時Love-tune/当時ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼、和田聰宏、木下ほうか、浅利陽介、谷村美月、近藤公園、村杉蝉之介、渡辺大、矢野聖人、田口浩正、斎藤歩、岡山天音、矢島健一、津嘉山正種、毎熊克哉、加藤満、筒井巧、中林大樹、井上肇、小久保丈二、高川裕也、池上紗理依、木下隆行、木本武宏、柄本明、佐々木蔵之介、六角精児、大倉孝二、津田寛治、升毅、高村佳偉人、笹野高史、岸部一徳 ほか

ストーリー

ある日トラックの事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社社長、赤松徳郎(長瀬智也)が警察から聞かされたのは、走行中のトラックからタイヤが突然外れたという耳を疑う事実だった。整備不良を疑われ、世間からもバッシングを受ける中、トラックの構造自体の欠陥に気づいた赤松は、製造元であるホープ自動車に再調査を要求する。しかし、なかなか調査が進展を見せないことに苛立った赤松は、自ら調査を開始。そこで赤松は大企業によるリコール隠しの現実を知ることとなる。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事