女系家族

山崎豊子原作のTVドラマ。代々後継ぎ娘に婿養子を取る東京の老舗呉服問屋「矢島商事」。そこの美人3姉妹の父である当主の嘉蔵が病死した。後日の親族会議で遺言書が公開されたが、そこには愛人の名が……。遺産相続をめぐる争いを描いた話題作。

【ドラマ】TBSテレビ 木曜日22:00 - 22:54
全11話
2005年7月7日 - 9月15日まで

【主題歌】「愛の詩」歌:今井美樹

キャスト&スタッフ

原作
山崎豊子
脚本
清水曙美

出演
米倉涼子、高島礼子、瀬戸朝香、香椎由宇、沢村一樹、森本レオ、浅田美代子、田丸麻紀、伊佐山ひろ子、高橋克典、橋爪 功 ほか

第1話「激突! 愛人と三姉妹骨肉の遺産相続争い!目的は遺産よりも復讐」

(2005年7月7日 放送)
【ストーリー】
東京の老舗の呉服問屋「矢島商事」は、代々後継ぎ娘に婿養子をとる女系の家筋。美女の誉れ高い三姉妹は、出戻りの長女・藤代(高島礼子)・家督を継ぐために婿養子の良吉(沢村一樹)をもらった次女・千寿(瀬戸朝香)・女子大生の三女・雛子(香椎由宇)。三姉妹の父で矢島家の当主・嘉蔵(森本レオ)が病に倒れ亡くなった。後日開かれた親族会議の席上、先々代から仕えている専務・宇一(橋爪功)が、親戚一同の前で遺言状を開示した。そこには莫大な遺産の配分だけでなく、嘉蔵の愛人・文乃(米倉涼子)の存在が記されていた。文乃は、親を早くに亡くし一人で生きてきた女。矢島商事の社長とは知らず嘉蔵と出会い、互いに惹かれあい、人目を忍んで逢瀬を重ねるようになっていた。文乃にとっては、これまでの人生で一番幸せで平和な時間だった。だが、文乃の思いとは別に、三姉妹との遺産相続をめぐって熾烈な争いが幕を開ける…。

葬儀シーン監修

株式会社 テイト
名古屋市天白区植田東1丁目109番地

関連ドラマ・映画

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事