遠方忌(えんぽうき)とは、没後12年目の十三回忌のこといい。異名年忌のことをさす。これまでの修行と悟りを点検し、さらなる悟りへと導くとされている。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事