「永代供養信託」とは、信託銀行と契約して、契約者の死後に供養を続けるための費用を菩提寺に払い込む制度のことです。
永代供養信託を利用する際には、遺言書を作成して信託銀行へ管理を依頼します。

信託銀行が相続人からの死亡通知を受けとると、遺言執行者として遺言である永代供養の設定をおこないます。
永代供養信託を利用すると、財産は寺院へ寄付する公益事業となり、相続税がかかりません。

永代供養信託で行われる供養は、菩提寺にもよりますが、三十三回忌の法要までが目安です。
具体的には、お盆、彼岸の合同供養、祥月命日供養、回忌供養の他、月々の供養や行事にあわせた供養が行なわれます。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事