永代供養墓(えいたいくようはか)とは、お墓を継承すべき子孫がいない場合、代わりに寺院や墓園管理業者が責任持って永代にわたって供養と管理をしてもらえるお墓こと。

しかし、実際には10回忌、30回忌や50回忌までといった契約書内規がある場合や墓を継承(けいしょう)すべき子孫が絶えてしまい数十年しても連絡の取れない場合。また、寺院境内墓地(じいんけいだいぼち)内で檀家専用墓地を購入の場合、子孫が改宗などで檀家を辞めるなどして信仰を離れた場合は、永代供養の契約が破棄されることが定められている場合が多く、言葉どおりの「永代」ではない。

昨今の経済状況及び宗教離れによる、霊園の倒産、寺院(菩提寺)の廃寺などにより墓が消滅に追い込まれることもあり、この「永代」も保証されるわけではない為、新規に購入時には注意が必要です。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事