「エコ葬儀」とは、棺を、通常よく利用されている木製から特殊な紙製に変えて燃焼時間を短縮し、CO2の排出量を減らすことで、地球環境に貢献しようとする葬儀のことです。

例えば、エコ葬儀で使われる「エコクラフィン」と名づけられた紙製の棺は、釘や接着剤も一切使っていないため、CO2の排出量が少ない他、火葬後に残る不燃物も少ないのが特徴です。エコ葬儀では、紙製の棺を使う他にも、葬儀の際に出す料理に無駄が出ないよう配慮して、残飯を減らすことでエコに貢献しています。

また、割り箸の利用をやめる、植林寄付をするなどして、葬儀での実質的なCO2排出量をゼロにするような取組みが行われています。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事