DOCTORS2~最強の名医~

赤字経営の病院に外科医の相良浩介がやって来る。浩介は患者に対して優しく接する一方で、医療の現場を欲や悪意で汚す者に対しては、脅しをかけたり、追い込んだりなど手段を選ばぬところも持ち合わせている。しかしそれは、自らの「患者を救うこと」という信念によるところからである。

主人公の相良浩介役を演ずる沢村は、当作品が木曜ドラマ初主演作となった。

【ドラマ】テレビ朝日 木曜 21:00 - 21:54
全9話
2013年7月11日 - 9月5日まで

【主題歌】「ユートピア」歌:B'z

キャスト&スタッフ

監督
本橋圭太、猪原達三、樹下直美
脚本
福田靖

出演
沢村一樹、高嶋政伸、比嘉愛未、黒川智花、正名僕蔵、敦士、斉藤陽一郎、尾崎右宗、阿南敦子、宮地雅子、小野武彦、伊藤蘭、野際陽子 ほか

第7話 「派閥崩壊!! 余命半年の患者を救う必殺技」

(2013年8月22日 放送)
DOCTORS 2~ 最強の名医 第7話 高嶋納官シーン
【ストーリー】
入院患者の田代(田山涼成)が行方不明になり、病院中を探す佐知(比嘉愛未)ら看護師たち。相良(沢村一樹)も田代を探し、屋上へ…。田代の行動に妻の秋枝(黒田福美)をはじめ家族は困惑するが、生きる希望を失っている父親に対し、今こそ家族が気持ちをさらけ出すべきだと相良は強く訴える。一方、森山(高嶋政伸)は、とある体験セミナーに参加し、死の怖さを実感する。そして「本当はあんただって死ぬのが怖いはずだろ!」と、田代に思わず本音をぶつけてしまう。さらに相良の言葉に影響された田代の娘・あさみ(水崎綾女)は交際中の男性・健介(少路勇介)を紹介するが、どうしていいのか分からない田代は戸惑いを隠せない。

その裏で相良は高泉(敦士)を第一助手に指名し、手術の準備を着実に進めていた。だが、西都大学の松田(小日向文世)から食事に呼ばれ、改めて西都大学病院へ来ないかと誘われる。「もう出来上がってしまったドクターたちを四苦八苦して変えることはない」。松田の厳しい言葉に相良は何と答えるのか…。

ロケ地として使用された火葬場及び斎場

西葛西セレモニーホール
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6丁目12−16

葬儀・納棺の監修

株式会社アーバンフューネスコーポレーション
東京都江東区豊洲5丁目4−9 KR豊洲ビル5F

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事