神道の葬儀で、さまざまな儀式の前に身を清めるために行う儀式。通夜式、納棺の儀式などの前に式場に入場する際に行ないます。

一般的に水の入った手桶は入口に準備されています。これを御神水(ごじんずい)といいます。

桶からひしゃくに水をくみ、左手、右手、左手とかけ、最後の左手の水で、口を軽くすすぎます。最初にくんだ水を三回に分けて使います。最後に懐紙で手を拭いて手水の義を終わります。

懐紙やお手拭は葬儀社が準備していることが多いものです。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事