弔問客(ちょうもんきゃく)とは、葬儀やお通夜などの儀式に参列する人のこと。

喪服での参列が一般的 (宗旨宗派や家によっては平服での参列をお願いする場合もある)。

もともとは両方に列席や、告別式への列席が多い傾向だったが、最近ではお通夜への列席がメインとなっている地域も少なくない。

※最近ではいわゆる家族葬や直葬と呼ばれるごく近親者のみで葬儀を行うケースも増えているため、事前にご遺族に弔問の有無を確認すると、ご遺族の負担減につながる場合もございます。また、都合が合わず出席できない場合は代理のかたが出席する、弔電を送ると言ったかたちでお悔やみを伝える方法もあります。

また、通夜・葬儀場では「重ね重ね」といった重ね言葉や、「離れる」のような忌み言葉は使用しないように
気を使っておくほうが良いとされます。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事