弔問(ちょうもん)とは、遺族を訪問してお悔みを述べることです。

弔問時には、深く悲しんでいる遺族への思いやりを忘れず、遺族の悲しみをさらに募らせるような行為や言葉は慎むようにします。

通夜以前の弔問であれば、喪服ではなく地味目な平服を着用します。

弔問時には、死亡原因の質問などをすることは避け、子どもを亡くした家に弔問する場合は、同じような年頃の子どもは連れていかないのがマナーです。本来であれば、葬儀に出席すべき立場の人が、長期不在などの理由で逝去の事実を葬儀後に知った場合は、わかった時点で弔問します。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事