カトリックですべての逝去した信者の霊を祀る記念日。万聖節の翌日すなわち 11月2日。2日が日曜の場合は3日。死者の記念日ともいう。この祝日はクリュニーの修院長オディロ (994~1048) によって定められ,クリュニー派の伝播とともに急速に広まった。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事