仏教の教えが書かれている『法華経ほっけきょう』の中に、無常観を説明したものとして次のような文があります。「愛別離苦あいべつりく是故会者定離これゆええしゃじょうり」。これは、「出会った者同士には、必ず別れが訪れるため、憂いうれを抱いてはいけない」という意味です。

また、『遺教経ゆいきょうぎょう』にも「会う者は必ず離るることあり、憂悩うのうを抱くことなかれ」という記述があります。

また、白居易の詩集『和夢遊春詩一百韻』の中にも、「合者離之始あうはわかれのはじめ」という詩があります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事