仏教での「苦」は、「こだわり」がもとになっております。

「こだわり」は、何か事象があると生まれます。髪の毛があると、そこにとても多くの意識や時間を割かなければなりません。いろいろ雑念が起き思考や時間が奪われて、修行にも集中できないため、出家の際には、坊主頭にすることが当たり前のようでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事