足を洗うとは、悪事や悪業をやめて、善人・堅気になることです。

仏教の僧侶は、修行のために素足で外を歩いていました。
仏教の思想では、寺の中を救いの世界、寺の外を迷いの世界としていますので、素足で修行に歩いた僧は、寺に入る前に足を洗うことで俗世界の煩悩を洗い清めていたとされています。このような習慣から、悪い行いをやめるの意を持つ言葉になったとされています。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事