日本の古称。美称して豊葦原中国(あしはらのなかつくに)、略して葦原国、葦原ともいう。『古事記』『日本書紀』の神代巻がその典拠で、天つ神が天上の高天原 (たかまがはら) より、あし (葦) の群生する地上の世界をさして、こう名づけたことに由来する。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事