R棺

アール棺(あーるかん)とは、棺の種類の一つで、蓋にあたる上部が曲線を帯びている形状のものをいいます。棺には、その素材や仕様によってさまざまな種類があります。アール棺は蓋の部分の形状による呼び名です。ふたが平らな平棺に比べて、柔らかい印象があります。

アール棺のなかにも、アールインロー棺(蓋が印籠のように二段にはめ込む形状のもので蓋が曲線の棺)、桐アール蓋棺(桐でできたもので蓋が曲線の棺)などがあります。蓋の形状や仕様で呼び名がついている棺には、アール棺の他にも、平棺、山型棺、インロー棺などがあります。

アール棺は、丸みを帯びており柔らかな印象があるため、女性にも好まれます。

蓋が平である平棺よりも割高である傾向がありますが、あくまでも種類や見た目の違いであり優劣のあるものではありません。

たとえ豪華なお葬式をしないという場合でも、お棺は必ず必要になります。火葬場ではお棺に故人を納めた状態での火葬が義務付けられているためです。

最近では、自分で組み立てることのできる、組み立て式の棺が、インターネットでも簡単に安価で購入できるようにもなっていますが、火葬炉サイズがわからない場合などに加えご遺体の扱いやドライアイスを充てる処置などご自身では困難なことも多くありますので注意が必要です。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事