阿羅漢(あらかん)とは、サンスクリット語:arhat(アルハット)、パーリ語: arahant(アラハント)に由来し、仏教において最高の悟りを得た、尊敬や施しを受けるに相応しい聖者のこと。この境地に達すると迷いの輪廻から脱して涅槃に至ることができるという。略称して羅漢(らかん)ともいう。

原始仏教・部派仏教において阿羅漢は、修行者の到達し得る最高位である。学道を完成してこれ以上に学ぶ要がないので阿羅漢果を無学位(むがくい)という。それ未満の、不還果(ふげんか)・一来果(いちらいか)・預流果(よるか)を「有学位」(うがくい)という。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事