病室

安楽死あんらくしとは、患者本人の自発的意思に基づく要求に応じて、患者の自殺を故意に幇助ほうじょしてに死に至らせること(積極的安楽死)、および、患者本人の自発的意思に基づく要求に応じ、または、患者本人が意思表示不可能な場合は患者本人の親・子・配偶者などの自発的意思に基づく要求に応じ、治療を開始しない、または、治療を終了することにより、結果として死に至らせること(消極的安楽死)です。

死期が迫った患者を耐え難い肉体的な苦痛から解放するために、医師が積極的または消極的に自殺を助ける行為をすることをさします。

患者自身が死を望み、倫理的に妥当と思われる方法で行われる必要があります。尊厳死と近似している部分もあります

呼吸困難に陥っている患者に対して、酸素マスクを外して死に至らしめる行為を積極的安楽死とするならば、最初から酸素マスクをつけないで死を迎える行為を、消極的安楽死と呼びます。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事