安位諷経あんいふぎんとは、曹洞宗そうとうしゅうで、お骨になって帰って来られた故人様を自宅や葬儀場などで営む法要のことを言います。宗旨によって「還骨勤行かんこつごんぎょう」や「還骨法要かんこつほうよう」とも言います。

遺骨を家や葬儀場に持ち帰って行います。法要会場では、戻ってきた位牌、遺骨を祭壇に安置し、水、線香、花、ローソクなどをそなえ、僧侶が安位諷経の読経を行います。

近年では、葬儀の後の初七日の法要を、葬儀当日に行なうことが増えていることに伴って、安位諷経が初七日法要に代わって行われるようになってきました。初七日の法要は、本来は故人が亡くなった日から七日目に行なう法要ですが、葬儀、告別式の七日後に親族が再度、集まって行なうことが難しい今日では、葬儀、告別式の日に一緒に行うことが多くなってきました。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事