諦め(あきらめ)

どうにもならないことをくよくよと考えないで断念することを「あきらめる」といいます。

仏陀は、悟りを開かれた後、ベナレスのミガダーヤで5人の友人たちに、初めて法を説かれました。

初転法輪しょてんぽうりんと呼ばれているのがそれで、その説法の内容が「四諦」の教えでした。

諦とは「まこと」とか「真理」という意味で、動詞として読むときには「あきらめる」すなわち、「明らかに真実を見る」という意味です。

仏陀はその悟りの内容を、苦諦くたい集諦じつたい滅諦めつたい道諦どうたいの四つの真理に分けて教え、それを見ることによって、真理を知ることができると説かれました。

諦という語は、現在のように消極的な用い方ではなく、真理を悟るという力強い語です。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事