庵治石あじいしとは、 香川県の北東部、牟礼町むれちょう(現:高松市)と庵治町あじちょう(現:高松市)にまたがる地域で採掘される、世界的に有名な花崗岩かこうがんです。

国内では他の花崗岩かこうがんの産地として、茨城県の真壁町まかべまち(現:桜川市)、愛知県の岡崎などがあります。正式名称は「黒雲母細粒花崗閃緑岩くろうんもさいりゅうかこうせんりょくがん

成分は石英せきえい長石ちょうせきに、微細な黒雲母くろうんも角閃石かくせんせきが含まれており、結晶の粒が極めて小さく緻密であるため、一般的な花崗岩に比べて高度が高いことが特徴です。硬さは水晶と同じ硬度7といわれています。

特に、きめの細かい庵治石の細目こまめは、日本産御影石の最高峰に位置付けられ、価格もトップクラスです。「」と呼ばれる独特の美しい模様が特徴で、 磨けば石の表面が幻想的なかすり模様を見せるなど、磨くほどに艶が出ることで人気が高い石材の一つです。

庵治石の歴史

庵治石の歴史は非常に古く、その歴史は平安時代にまでさかのぼります。

京都府八幡市男山にある石清水八幡宮に残された「建武回録記」という古文書の中には、1339年に八幡宮を再建するにあたり、前例にならって讃岐の国から5000余りの石を切り出して送り込んだと書かれております。

平安時代末期から室町時代にかけて、牟礼町一帯には石清水八幡宮の荘園があったとされており、つまり讃岐の石は約千年も前から採掘され、遠く離れた京の地でも注目されていたわけです。

讃岐の石が庵治石として本格的に採掘され始めたのは戦国時代に大阪城や高松城が築城され始めたころからといわれておりますが、庵治石の製品加工に新たな流れが起こったのは1800年代に入ってからといわれています。当時、庵治の石工は人手不足で大阪から石工を呼びよせていました。彼らがこの地にそのまま居ついて自分たちで商売を始めたことによって庵治は石材産地として発展していくわけです。

その後、明治以降になり皇居や須磨離宮、伏見桃山御陵などに庵治石が大量に使用され、全国的に庵治石の名前が知れ渡ったとされています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事