挨拶という言葉は、仏教語です。

前にあるものを押しのけて進み出る意から、切磋琢磨の意となり、禅門答によって門下の僧の悟りの深浅をためす意となり、やがて、「応答」、「返礼」、「お辞儀」、「橋渡し」、「間柄」の意へと転じた。

挨は「押す」ことです。
拶は「せまる」という意味から、挨拶は、前にあるものを押しのけて進み出ることをいいます。
「一挨一拶(いちあいいつさつ)」といって、師匠が門下の僧に、または修行僧同士があるいは軽く、あるいは強く、言葉や動作で、その悟りの深浅を試すことがあります。
これが挨拶です。

そこから転じて、現在のように、やさしく、応答とか返礼、儀礼や親愛の言葉として使われるようになりました。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事