阿含経(あごんきょう)とは、釈迦の直説経典である。阿含とは、サンスクリット・パーリ語のアーガマの音写で、「伝承された教説、その集成」という意味である。

漢訳では、長・中・雑・増一の四阿含(しあごん)があり、大正蔵では冒頭の阿含部に収録されている。パーリ語訳では五部が伝えられている。両者は共に同一の原典から訳されたもので一定の対応関係がある。

歴史

釈迦の説法を記した唯一の直説経典である。寂滅の後、その教法は迦葉や阿難を始めとする直弟子たちを中心として何回かの結集を経てまとめられ、経蔵(スッタ・ピタカ)を形成した。他方、守るべき規則は律蔵(ヴィナヤ・ピタカ)としてまとめられたが、一般に紀元前4世紀から紀元前1世紀にかけて徐々に作成されたものであると言われている。

経蔵はそれぞれ阿含(アーガマ)または部(ニカーヤ)の名で呼ばれた。現存するものは、スリランカ、ミャンマー、タイ、カンボジア、ラオス、ベトナムに伝えられている『パーリ語仏典』と、それに相応する漢訳経典などである。

中国においても原初的な経典であることに気付いており、研究を行った記録もあるが、大勢を占めることはなかった。天台宗の教相判釈である五時八教では、『阿含経』は釈迦が布教最初期に一般人向けに説いた、最も平易かつ初歩的な教えだと位置付けているくらいである。日本には仏教の伝播初期から伝えられており、倶舎宗で研究されていたとされるが、五時八教の影響が強く、久しく読まれることがなかった。

19世紀に至り、『阿含経』は近代文献学を事とするヨーロッパの研究者たちによって直説経典としての正当な評価を受け、そこに留学した日本人たちによって、明治時代には根本文教との評価を受けたことは大乗非仏説として知られる論争を巻き起こした。原始経典とも言われるが、「如是我聞」と始まる釈迦の説法を記した唯一の直説経典である事実は動かない。

日本では1978年4月8日、『阿含経』を依経として阿含宗が立宗された。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事